おぴお

限界突破で更新します。

クレイジーソルトって

クレイジーソルトってこんなパンクな名前あります?ソルトで在て、そこに感情があるかの如く、クレイジーが付いているとは、相当の塩なのだと思う次第である、これにつきましては、一体塩とは何ぞやから始めなきゃいけないのではあるが、始めにこのクレイジーソルトというネーミングに少しばかり触れて行きたいと思う、始めにこのクレイジーソルトとは完全外国のものである事は、すぐに分かる事なのでが、クレイジーソルトアメリカ・ニュージャージー州のHaddon House Food Products社が製造する、岩塩をベースにスパイス・香草等を調合した調味料。1960年、ニュージャージー州のジェーン・シマンズ (Jane Semans) がハーブやスパイスを混ぜて作った手作りのソルトミックスが評判となり「クレイジー・ソルト」が誕生したwikiよりそして日本への輸入は1969年頃から始まった。とある、ハーブやスパイスを混ぜて作った手作りのソルトミックス「クレイジー・ソルト」って言う解釈でよろしいで御座いましょうか。つまり肉に合わせて使うといいですよって感じなのだと思います。このようにヨーロッパでのスパイスと塩の歴史を見るに、スパイスは高価なものなのか有名ですが、胡椒は抗菌・防腐・防虫作用があるのはご存知かと思います。それ以前は肉の塩付けなど食していてってのを聞いたことがある、それに古くなった肉などは胡椒の香りで美味しく食べれたのだと思います。それに大航海時代に食料を長期保存するためのものとして極めて珍重された。wikiよりこんな感じで塩と胡椒と多数のスパイスが合体してクレイジーソルトになったのだろうと思う、んでエピソードにニューヨーク・タイムズの取材でニクソンアメリカ大統領夫人と会った際、大統領夫人から「クレイジーソルトは何にでも合う万能調味料ですね。」と言われ、ミセス・ジェーンが「いいえ。クレイジーソルトは9998の料理に合いますが、チョコレートとアイスクリームには合いません。」と答えたwikiよりこのようにあるが、チョコレートとアイスクリームはもう志村けんが、スイカに塩をかけて早食いする感じか?いう冗談にも思えるが、もうさ~このジョーク自体がさ~クレイジーソルトなんだな~なんて思いました、アメリカじゃ~ここでドカ~ンと笑いが起こるのか?って疑問と予想の狭間ではあるが、考えられる展開ではあるのだが、このようにクレイジーソルトって面白い名前だな~なんて思い調べてみた系、記事でした。