おぴお

限界突破で更新します。

タイトルの決め方

何を書くか考えている時間がないから、そのままサラッと記事を書くって感じに話を進めて行きたいと思っている、で何を書こうかな〜なんて思っているが既に6記事目であると言うことは中間ポイントに差し掛かったと言う事になるだろう…やっとここで半分と言う事になるのだ、今はこうして記事の大量生産をしていて思った事は初めにの時点で何でもいいのでズバーっと200文字を書く事が重要なのだとワイの中で思った、200文字言ったらそこから話を適当に形作って行けば良いのだとか、もっともらしいプロセスを言っているが、こんなものは万人に適合するはずもなく、人間十人十色なのだから、自分独自の方法が存在すると言う事で、でもその方法を見つけるにはただ限界突破の姿勢と記事を書き続けと言う単純ではあるが難しくもあるシンプルな視点こそ重要なのだろうと思うのである、そして、ここまでワイ史上未だ嘗てない1日10記事と言うほぼ界王拳を修行しているような気持ちになるのだ、この一連のプロセスを達成する事により何か新たな大技を発案できるような気がしてならない、そう思いつつ今はこの時点で既に500文字を迎えようとしているではないか、ここからこの問題の着地点を探って行きたいと思う、ここで言っておくが必ずしも着地する必要もないのだ、何故なら500文字の時点で完結しているのだから、問題は指定目標数の達成である、って言っても何かを書いても良いだろ500文字の時点で完結しているのだからね、とまぁこの記事には未だに内容の無い記事ではあるので、ここからこの記事を着色して行きたいと思う、因みに今この時点でタイトルは決めていない、初めにの200文字から500文字まで正直何も決めずにズバーって書いて行きました。適当にでも700文字ぐらいから勝手に適当が本当の意味での適当に仕上がる瞬間が来るのである、それは詰まりこの記事の内容とタイトルと意味を加える事がここでなされて来るのである、この時点で既に800文字近くになっていると思います。この時点でもうタイトルは決まってますね、多分勘のいい方なら既にお気付きかとは思いますが、ここで書いておきましょう、この記事のタイトルは、『タイトルの決め方』でどうでしょうか?ここで900文字となったので適当にまとめと入ります。こうしてタイトルも決まったところで、まだまだ書かなきゃ行けませんので、これで以上とします。それでは次の記事で…