おぴお

限界突破で更新します。

ジャクバウアー使うわ

やっぱりね〜1日10記事は現在のワイでは未知の領域な訳だから、ジャクバウアー使ってだね〜4記事ほどぶっ飛ばして行きたいと思う、そうしなければ今週1日5記事をちょくちょくサボったから、それら帳尻を合わせるためにはズバーって感じでジャクバウアーをちょくちょく入れて行くしか無いんじゃ無いのかなーなんて思っているんだよね、正直ジャクバウアー記事を書いている本人がこの記事って本当に需要あるのか?って考えてるのだが、この限界突破ブログ自体を生きたブログ構築プロセスとして記事として発表しているのだから、余計なものだないよね〜って感じで話を進めて行きたいと思う、ここで勘のいい読者ならお分かりかと思いますが、余計なものだないよね〜ってこのフレーズ完全にチャゲアスが入ってるよね、まぁこの話は置いておこう、今は記事を書かなきゃいけないからジャクバウアーのようにズバーって書いているのである、そろそろ1パック投入するかな、では失礼して、こうして1パック投入して本当にすまないと思っている、だが今は急いでいるんだ、って感じにこれで記事を書き進んで行くと自分でも何書いてんのか全く訳のわからん内容になってましたよ〜って言うのはザラである、そろそろこの辺でジャクバウアーに関する何か?をお題に持って行かなくては、ただジャクバウアーのすまないと思っているを連発するだけの以前の記事のような苦肉の策って言う具合なってしまわぬように今回は何かしらジャクバウアーに纏わるお話を出して行こうと思うジャクバウアー詰まりは24が齎した世界への影響は、まずはどきどきキャンプであるこれはつべを見ればジャクバウアーものまねがどんどん出てくる、そして何より24のオープニングのあれだ今はではかなりピンチならなったmegwinTVが初めのときに使っていたのが24オープニングのあれだ、そして後にヒカキンがビートボックスやってくれると言った24の浸透力でもあるこれだけの影響力があった24はジャックバウアーだけではなにこのような色々な用途で生き残っていることが分かるのである、このように今回はジャックバウアーと24の歴史について触れてみた記事となった、またいろんなパターンでちょくちょくジャックバウアーが出て来るかも知れない、ってか困ったら結構ジャックバウアーを出す予定ではあるって言った矢先に次の記事で出てくるなんて言う事態になり、すまないと思っている。