おぴお

限界突破で更新します。

テトリスの王道

最近は涼しく過ごしやすい気候になっているにも関わらずブログ投稿が多少疎かになっているなのでここはDr.マリオの話でもするか、マリオの敵ってがさークッパとドンキーとさぁ、後とあの〜緑の王様みたいな、スターウォーズのジャバウォックみたいなヤツとそれと後あれかワリオだね6の金貨のね〜髭がギザギザなやつよ、後居たかな〜今のところ思いつきませんが、Dr.マリオって詰まりはテトリスを少し頂きました的な感じなんじゃないかな〜なんて思うのですが、少し少しとか言ってるとじゃーヨッシーのクッキーは少し何ですか?って突っ込まれたら、2作目ですやんって激おこぷんぷん丸をロシアから喰らう訳で、って何でロシア何ですか?って思った方もいらっしゃると思うのでここで軽く説明しておきます。実はテトリスはロシア、元々はソビエト連邦の科学者であるアレクセイ・パジトノフ等3人が教育用ソウトウェアとして開発とある。1984年6月6日に開発され日本では1988年にセガ・エンタープライゼスから発売されたアーケード版の人気により浸透、こっからセガテトリスとか言う呼び名も浸透したみたいな感じでWikiにある、そして任天堂ゲームボーイで1989年に発売しテトリスも爆発的人気になったようだ、んで有名なbgmがコロブチカだっけ?それは名前は覚えて無いが、音楽自体は聴いたこと御座いますって人は多いだろう、んでこのゲームのさ〜カッコよさって言ったらちょっと例えが違うか、テトリスってなんか万人ウケします。みたいなあの感じは相当計算されてるんじゃないのか?って感じさせる程である、現にWikiでもこうあるテトリスの持つ数学性、動的性、知名度、並びに実装の平易性から、テトリスをゲームプログラミングの練習題材として用いられる例がしばしば見られるとある、そしてもっと深くテトリスを知りたいのであればWikiで調べてみて下さい。テトリスWikiは恐ろしく長いそれだけテトリス熱が強いと言うことか?プログラミングの練習題材なのだからpc好きがwikiに集まってもおかしくはないだろうね、そして最後にテトリスの由来の部分が面白い、そもそも水族館でカレイが餌を捕食して、その後海底に沈んで行くときの動きがヒラヒラとしていたことが、ブロックの落ちて行く状況のモデルとなったそうだ、そして海底に沈んだ際に、周囲と同化していたことから、ブロックが地面に着地して周囲と同化したことのモデルとなったと書いてある。