おぴお

限界突破で更新します。

個人VS企業

春の陽気でござんすね、何だかさーよく分かんね〜けど、個人のSEO主体のアフィリエイトブログはこれから稼げなくなるってブログを見てしまいましたよ。なんかGoogleのアップデートがあると一発で終わるみたいな内容だった、要は月100万円稼いでたら3万円になるという自体も稀ではなく普通にあり得るよって話で、極端だろって思うかも知れないが最悪を想定しない人はまず、個人で収益を得ようなど長く思えていまうが、そうでもねぇ〜よって思う自分も存在してますね、どっちやねんって話で申し訳ないが、とにかく個人ブログきついよって話で企業が月3000万円近く出してガチガチのSEOで襲い掛かって来まっせ的な内容である、でもだよ、世の中には絶対は存在しないだけで、企業と金に負けないぐらいの知識量があれば何も怖い事は無いのである、簡単に言えば企業を凌駕するとっておきがあれば良いのだろうと思った、それは何か?簡単な事だったよ、好きな事や特技をやれば良いんだね、ただそれだけの事だったとは、そこでねワイが例として考えたのは、はてブだとさ〜好きな歌の歌詞とか書いたらさーJASRACに目付けられて、バンされて終わるからさ〜、だったら自分で対象となるものを見つけて、自分で歌詞作っちゃえば良いじゃんって話である、正直はっ?って話だよ、でもこれが当たり前の世界だと仮定しよう、オリジナル歌詞を良いと思えば、楽曲提供みたいに販売出来るというシステムを作ればこれは、これで出来上がるんじゃないのかな〜なんて思っているんだよね〜、詩を売っているようなもんだよね〜、その後の著作権とか全部もう撤廃してさ〜、でも販売元はこの歌詞誰が作ったの?っていう声が生まれると思うが、今の時代作った個人の隠すのは要因な事ではないと思うんだよね、プラバシー的に現実的個人は特定されないものの、ネット上のこの人って事は分かると思うから、それで良いと思うんだよ、簡単にいうとツイッターみたいな感じである、そんな事を想像している、ブログで稼ぐのはきつくなるというが、ワイはそんな多額なお金を求めてはいない少額でも定期的な収入を大抵の人は求めているのだろうと思っているのである、そんな事を思いワイは先程言った歌詞をうんたらかんたらって言う手法を具体的なものにした内容を実際にブログ記事として書いて行きたいと思うのである、そんな感じで次の記事をお楽しみにって感じでまたね〜