おぴお

限界突破で更新します。

白神山地にあるブナの林

とまぁ先程述べたようにウィルソン株を寺作るために秀吉がぶった切ったって話で先程終わりましたね、その内容をクールポコでぶった切った訳で次に進みたいと思うのでありますが、また一つ日本一には世界遺産のブナの林があり、青森・秋田県境の白神山地に存在する、このブナの林は一度切られたブナ林は1000年かからないと元に戻りませんとある、しかも現在世界に残っているのは、この白神山地のみである、これはもう高々100年生きられるほどの人間が樹齢数千年もの命を絶つと言うことは言語道断である、でもあの時代ならもしも信長が生きていたら、信長が切っていただろうね、奴ならやりかねいね、んで思うのは光秀や三成はどのような人間像だったのか?って言う話でが動画などで見れるよね〜明智光秀なんて、庶民に『あけっつぁま』だっけか?そんな感じの半ばあだ名みたいな感じでご新造もようなもので崇められていたとか言うのを動画でみたような?…正直わすれたが、そんな感じでで素晴らしい政治をしていたそうだ、それを信長が切り取り次第みたいなことした矢先あんなかってしまいましたよ〜みたいな感じでね、話は進んでしまいましたよ、だから東北唯一のこるブナの林は本当に貴重なんだな、なんて思いますね、人間の手が全く入っていない林って考えてもいい訳で、そこには花粉症問題でどうこう言っている、自業自得の人間界がなんだか滑稽でもあり悲しくもあるのだが、杉大国日本の杉問題どうにかして欲しいって言うのが本心でも、心の底では全く国に期待してあいないのが正直のところ、しかも東大かどっかが花粉の飛ばないスギを開発しただとか言っているが、それって大丈夫のか?感飛ばないって言うのはあれか?f1野菜みたいな感覚の植物と捉えてよろしいで御座いましょうか?って思うのであふ、だからなんだか、そのヤバそうな研究はやめておいた方が良いんでは無いのか?なんて思っています。だからそんなものに国の予算を使わないで根本の杉木自体を何とかして欲しいと思ったが、まず国はそんな事はしないだろうね、そこには製薬会社などの色々な要因があるのだと考えてしまうのである、まさか今花粉の話からブナの木の森復興へのプロセスへの話になっているとは自分でも思ってなかった展開ではある、だからこそ秀吉のような奴は完全マークが必要という事になる、そんな感じで白神山地とか行けば花粉困らない森歩きが出来るだろうと思っている。