おぴお

限界突破で更新します。

ヤベェ、またジャクバウアーする

最近もう5記事目とかになるとさー、書くネタも無いから、ジャクバウアーで瞬間的に記事を書くって言う手法をしているんだよな、このような記事の書き方って言うのは本当に意味かあるんだろうか?なんて思うが、それが意味あるんじゃ無いのかな〜?なんて思いますよ自分でも、ちょとごめん自分でも何言ってんのか分からなくなって来ていますね、ネムですねこれ、本当にすまないと思っているジャクバウアーである、んで話の続き、自分でも意味があるのかな〜なんて考えるが兎に角量産兎に角続けるって言うのが意味があるだと確信している、根拠はない最初からね、でも1年間とかまたや3年間やると効果が出ると言う話もあるからね、何を信じるかはあなた次第ですって感じで、それは信じるか信じないかの奴じゃないけど、そんな言いましで使わせて頂きました。と言う感じでさぁどうせネムで、とりあえず1000文字書くといったジャクバウアーもちょくちょく入ってくる雑談記事を書くのならGoogleトレンドで先程述べた西野カナ結婚についてワイが記事を書いて行くしか無いのが?確かに、あらゆるものを知り見聞きし、毛嫌いせずに多くのジャンルに触れてこそ時世が分かるというものそれはいつ如何なる内容であっても真摯に向き合う事に意義があるのでは無いだろうか、よって西野カナ結婚はトレンド的にも急上昇であり、検索する方も多いという事なのだから、ワイも西野カナ結婚について語って行きたいと思う、西野カナと言えば、テラスハウスの元2期生とかじゃなかったっけ?、ガチンコファイトクラブみたいに言うなやって突っ込みは自分で言っておきますよ、そんでだワイが知っている人は、消防士の海猿に出て来そう人と、ボクサーとヨーさんな訳よ俺がビックリしたのはヨーさんが既にあの若さで亡くなっていた事だよ、もしもこの情報が間違っていたらごめんなさい。確かそうだったよね、そしてカメラマンでもありギター好きであったヨーさんをキレさせたシンガーソングライターの女性もいたよね、でもあれは正直賛否に別れる内容でもあるヨーさんが一方的な形でキレたと思う方もいらっしゃるのでは買いだろうか?そんな感じであのシンガーソングライターの女性は今どうしているのだろう…なんて思いますねぇ…それからメンバーを代わり、松田優作の次男に似た感じの印象をもったライヤーゲームって感じの風貌のmen'sも入り、丁度その頃ぐらいから西野カナも賛成していたんだよね、しかも西野カナも当初はシンガーソングライターとしてテラスハウスに出ている、そこからテレビで出演したりして、曲まで出すと言った具合で、シンガーソングライターの登竜門的なテラスハウスってまだやっているんですかね?と言うことでGoogleトレンドによる西野カナさん結婚おめでとうぅぅううって感じの記事でる