おぴお

限界突破で更新します。

雑談です。

お花見シーズン到来って感じのブログ書こうかな〜って思ったが、眠くなって来たし、そう言うノリじゃないんでやめておこうと思ったよ、だからいつも通りの雑談で話をしていこうと思います。んでネタ探しでYahoo!ニュースとかも見たが大した面白そうなネタは無く、少し気になったのがTポイントカードを不正に使った中国出身の男がいたようだ、大阪市浪速区とある、ってかTポイントカードとか全く使ってなかったなーってかさぁTポイントカードって溜まってんのどうか分からないしあれって言っくれる定員さんと言わない定員さんいたな〜なんてあってますね〜っかそもそも無駄な消費を抑えたミニマリズム精神の本領発揮はこれからで、しかもこの感覚は消費税10%になってから更に促進するのではないだろうか?って思うのだがどうなろうか、多分なんか最近の傾向とも思えるのだが家具持ってる家少ないよねって感じないかな〜ワイだけだろうか?そもそもベットいるか?って話で布団でちゃんと定期的に干せば何ら問題もないしベットより清潔でもある、ここで空気層の高さとか埃が舞う層と言う観点は外して置こうと思うのそんな感じで必要家具って言うものも考えてみると、あるのか?と言う疑問がはしる、そもそも家具があるから場所取ってしまうのだろうか?と言うか観点もあるのでこのような考えて方に至るのである、そして洋服タンスようなものでも、クローゼットのある部屋だったら、布製っ言うのか?分からんがハンガーのように掛けられる布製の袋のような棚みたいなので用が足りてしまう、そしてシャツなどズボンはハンガーで掛けておけば良いだけで、クローゼットに収まる感じで、ソファと言うブルジュアなものは幅をとる、ソファはラクで良いんだが、ミニマリズムの考えではいらない、それと机って言うかテーブルだけどこれはさ〜木のボード的なもので何とかなるんではないのかな〜なんて思ってますね、よって家作る上で必要なものは廃材よようなもので如何に物を作るのかが重要なのではないのか?と考える、そんな感じで、ハンターハンターのネテロ会長がキメラアントと戦う前の念能力上の空間が描写されている場面があるのだが、このような簡素で無駄がない生活から何か新たな感覚が生まれるのではないだろうか?と考えております。そんな感じで今回はそろそろ眠くなって来ましたのでこの辺で失礼致します。ではって感じに終わらせてはくれない、記事数である、はいここでやっと1000文字超えたところでお休みなさい。