おぴお

限界突破で更新します。

おしらせ

 コメント表示順序 変えたよ

古いコメントから表示 前までこっち

新しいコメントから表示 こっちに変えたよ~~

 

これをさ~新しいコメントから表示にしたから、そろそろ変えて欲しいと思った方もいらっしゃるではないでしょうか?それに結構皆さんのブログですとコメントを新しいコメントから表示に設定されているので、ワイもそろそろ設定を変更しました。そんな感じで雨の方がまだいいって言うか安心ではある、今日は嵐かってぐらい大荒れな天気だけれども、花粉が軽減できるのであればいいだろう、だが今日は天気が雨時々晴れになっている、そいして晴れとあるがこのまま晴れ続けるようだ今日から1週間18日の月曜日までちょくちょく曇りはあるものもずっと晴れるって感じのようだ、これさ~即ち花粉飛びまっせってことだろうね、そいて今日で3.11で東日本大震災があって、2011年(平成23年)から8年を迎えることになる、もう8年にもなるのかと思うところなのだが、1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神・淡路大震災も記憶に新しくもある、そして熊本大震災、北海道震災も記憶に新しい、では災害に対する備えとは何ができるのかと考えてしまう、自然の前では微力ではあるが小さな備えで自然に抗いたく思うのが生き物として当然のことである、まずは9割が情報収集、1割は備えなのではないだろうか?違ったらすまん、水はまず大事で次に食事だがカンパンって【乾パン】(かんパン)賞味期限どのくらい持つのか?実際の賞味期限が書いていると思うのでそれを見ればいいのだが、問題はその賞味期限が切れても全然食えるという点にある1年切れても大丈夫で20年切れても問題なく食べれるようだ、ただ賞味期限前の乾パンでも避難訓練で乾パンを食べて食中毒を起こした例もあるようだ、保存状態が悪かったのか湿気のある場所、川沿い、海の近くなどに保管していたなど考えられる、だから最悪の場合そ想定したときの話である、その前に新たに買い換えることこそ重要であるのだが、そしてアマゾンでカンパン(乾パン)を調べてみた内容量:475gカロリー:100gあたりエネルギー411Kcal原材料:「カンパン」小麦粉、砂糖、植物性ショートニング(大豆を含む)、胡麻、食塩、乳糖、ブドウ糖イースト、炭酸カルシウム、金平糖金平糖(砂糖、着色料、野菜色素、クチナシ、ベニバナ黄)商品サイズ(高さ×奥行×幅):157mm×135mm×135mm

この金平糖とあるが昔氷砂糖だったよな、あっちの方がボリュームあってよかったのだが、しかも着色料、野菜色素、クチナシ、ベニバナ黄のどの余計なもいらないだろ、氷砂糖入れておけやって思ってしまう、そしてここで思うのがマーガリン・ショートニングなどの油がいるのか?トランス脂肪酸でるこの保存食に本当に必要なのか?と疑に思うものが入っているのだが、それで『脱酸素剤』【食べれません。みたいなの】が入っていると思われるのだが、詰まりはショートニングの酸化を防ぐために入っているのだが、その反面自分でクッキーを作れば分かると思うが小麦粉とのつなぎが必要で一度油や卵などを抜いて作ってみたのだが、原料は砂糖と水のみで当然小麦粉ね、それら3つだけで作った経験があるのだが硬いのであるでも結構イケたけどな、もっと改良を望むのならば、砂糖を抜いた状態の小麦粉と水だけの本物の乾パンでいいんではないだろうか?でも砂糖って保存料でもあるからどうなのだろうって考えてしまうが、そこは保存食だしね、だったらもの南部煎餅でいいだろ?とか戦国時代の兵糧丸などがある、この兵糧丸を軽く触れるのだが、戦国時代の武将が戦場で食べていた携帯食で上杉謙信の軍記【北越軍談】に『兵糧の類を腰の子袋に備えておくも各自の才覚なり』と記されている、当時の武将の定番の携帯食だったようだ、そいしてこの兵糧丸はその家で違った作り方であったそうで、【上杉家兵糧書】には麻の実、黒大豆、そばを粉末にして、酒に浸し、丸薬にしたものとある。このように色々あるようだが、この保存食文化は当然昔の人間の方がよく知っているわけで、保存食の歴史を遡ると長きになるので別記事に纏めたいと思う。