おぴお

限界突破で更新します。

アコーディオンってこんなにスゲーんだ

アコーディオンってこんなにスゲーんだね、鍵盤見えませんよって思うんだよね。

キー操作みたいなものだろうね、使っていれば見なくても済みますみたいな感じですか?わからんが、ただ凄い曲ですね、この人ってさ~昔あったTV番組での『おしゃれ関係』で曲を担当していたそうですね、そしてwikiにこうも書いてありました。番組の放送開始から終了までアコーディオニストのcobaが一貫して担当していた。

だからあの曲が有名でそれで人気になったんだね、んでこのcoba(コバ)さんってどんな人なのか?気になったんで調べてみました。

coba(コバ、1959年4月29日 - )は、日本のアコーディオニスト、作曲家。本名および旧名義は小林 靖宏(こばやし やすひろ)。

んで3歳から音感教育に接し、4歳でアコーディオンをはじめるとある、これは音楽英才教育ですね、はっきり言って3歳から音楽教育ってどんなもんなんだろうと、元パンイチである身分が思い耽っているのだが、ワイは音楽や芸術に英才教育だの何だの関係ないと思っている要はパッションフルーツな訳で、何?ディスってんの?って思った方勘違いしないで頂きたい、ワイはこの曲からアコーディオンって楽器1つなのにこんなにも迫力のあるサウンドを出せるんだとびっくりしてんですよ、例えるならば、ウーハーをつんだ、ハマーが走っていたとします。ワイの手にはTGI フライデーズハンバーガーとコークを持っていると仮定しよう、そうなるとサウンドと同時にノッテしまうみたいな感覚ではないだろうか?だからこれぐらいビックリしまっせって事である、そして話は戻るがcobaはその後1970年代後半にイタリア・カステルフィダルド市に留学し、本格的にアコーディオンを学び始める、留学中の4年間は徹底的にクラシック音楽を学ぶwikiより とあります、この人顔は知ってるぐらいで正直子供のころワイはなんの人だか分からなかったんだけど、でも音楽家だろうなって事は分かっていた訳である、そんな感じで見覚えのある、あのボーダーのTシャツあれもちゃんとメーカーが載ってました。アコーディオンはフランスのキャバニョロ・アコーディオン、イタリアのヴィクトリア・アコーディオンズを使用。トレードマークのボーダーTシャツはフランスのセント・ジェームスを愛用している。

これアマゾンで売ってるのか?って思ってしまったわけよ、これなんかアーティスト感でてまっせオーラ満載でね~の?んでね探しました(島田伸介) あったよ