おぴお

限界突破で更新します。

毎度お馴染み流浪の番組みて思った雑談

このさ~スティーリー・ダンの音ってどっかで聴いたような気がするがスマップじゃないか?って思ったのだが違うか?

でも、その前の説明で日本のアイドルの殆どがスティーリー・ダンの音を基本にしたって言っていたもんな、そんでアイドルの楽曲の殆どがこの音源みたいなこと言ってたのでスマップのPeace!でスティーリー・ダンの音に似ているような気がするのだが、ワイの勘違いか?

Peace!(T.Kubota ver.).mp4 - YouTube

そんな感じでそもそもだよスティーリー・ダンって何なんですか?って話だよな、そんんでぐぐった訳、スティーリー・ダンSteely Dan)は、アメリカ合衆国出身のジャズ・ロックバンド。ドナルド・フェイゲンウォルター・ベッカーによるデュオ体制で活動し、世界的な成功を収めた同国を代表するグループ。2017年にベッカーが死去し、以降はフェイゲンのソロユニットとして継続している。(wikiより)

全然知りませんでした。スンマセンって感じです。

代表曲が何かもすら分からないのだが、70年代で言うとワイの中ではビートルズしか思い浮かばないわけだが、でもさビートルズって1960年代から1970年代初頭にかけて活動したバンドだもんな、こう考えてみるとビートルズポール・マッカートニーって凄いよな未だにライブやってるもんな、なんかさ~ポール・マッカートニーはビーガンやってるからあれだけ長生きしてるんだって話が結構有名だがその話すると話が長くなるしかなり脱線するので、また後日話すとする(もしかすると忘れるかも知れないので誰か付箋を頼む)まぁそれにしても、あのバイタリティーは凄いですね、そんで話を戻そうスティーリー・ダンSteely Dan)で聞き覚えのあるキャッチーな曲って何かあるのか?って思ってさ~偶然見つけたのがこれだったんだが、『ナイトフライ』(The Nightfly)って曲なんだけどこれさ~ドナルド・フェイゲンのソロの曲なんだよね、wikiでこうある、スティーリー・ダンのメンバー、ドナルド・フェイゲンが1982年にリリースした初のソロ・アルバム。初めて完全にデジタル録音で収録されたポピュラー音楽作品のひとつである。(wikiより)ソロって解散したのか?デュオからソロって考えで宜しいでござんすか?あれかなんかこうケミストリーみたいな感じで捉えて宜しいでございますか?って感じなんですけど、まぁそんな事はそうでもいいだろう、そのドナルド・フェイゲンのソロの曲これ多分聴いた方も多いと思うよ

これなんかCMか何かで使われてたような気がする。んで調べたらwiki1995年にIBMThinkPadのCMソングとして再登場したって書いてあったよ。70年代のスティーリー・ダンSteely Dan)に付いてはここまでにする。

次にヒュー・パジャム (Hugh Padgham)とは?イギリス出身のプロデューサー / エンジニア。ミュージシャンの感性を尊重し巧みに引き出す手腕は高く評価され、最も成功したプロデューサー/エンジニアの1人と言える。(wikiより)

ゲートリバーブって何ですの?

Gated Reverb ゲートリバーブとは、深めにかけたリバーブをノイズゲートを使って意図的に残響の途中で切り落とすエフェクトの事。とあるが何のこちゃ訳分からんって話であるので、音を聴いて確かめるしかないだろう、下のリンクからGated Reverb ゲートリバーブを確認できる、聞いてみたがなんとなく分かった気ではいる。

www.g200kg.com

主なプロデュース・ワークにポリス、フィル・コリンズXTCデヴィッド・ボウイポール・マッカートニーと有名な名前も結構ある、確かポリスって3人組みのメンバーのバンドだよな、んでyoutubeで動画Music produced by Hugh Padghamがあるのでそれでヒュー・パジャムがプロデュースした曲が見れる

PHIL COLLINS – IN THE AIR TONIGHT (Official Music Video) - YouTube

『ゴースト・イン・ザ・マシーン』(Ghost in the Machine)は、1981年にリリースされたポリスの4作目のスタジオ・アルバム。

ヒュー・パジャムがプロデュースした曲は色々あるのだが、ここまでにするか