おぴお

限界突破で更新します。

フライデー・チャイナタウンの迫力

なんかわからないけど凄い歌唱力だな~~なんて思いました。

これ確か2017年の動画って書いてあったような、これピアノ弾きながらこんな声だしてるってのがそんな見たことがない訳よ、探せばピアノ弾きながら歌ってる人いると思うけど、なんか凄い歌唱力だな~~なんて思いましよ二回目だけどさ~同じこと言ってんだけども、んで昔のフライデー・チャイナタウンです。

声凄いですね、んで次がフルです。

なんかわかんなけど、初代林家(海老名家)とは一体どのような一族なのか?っていう疑問が漠然と湧き上がった訳なのだが、こぶ平が昔ガキの頃もぐもぐキッチンとかいう番組でヒロミみ理不尽にボコされてた思い出しかないんだよな~すまんな、こんな思い出しかなくて、由緒正しい感じなんだろうけどなんだか、インパクトがある歌だな~なんて思いましたね、林家 三平は現在笑点で活躍してますしね。

んで初代林家三平 源平盛衰記をつべで見てみた。

なんかこの時代背景の人間と現代になんらかの一種のギャップようなものを感じてならない、んでそっから何故か田中角栄の演説が次の動画欄に出てきた。

なんかこう迫力がある喋りであることは間違いないのである、この時代高度経済成長で1954年(昭和29年)12月(日本民主党の第1次鳩山一郎内閣)から1973年(昭和48年)11月(自民党の第2次田中角栄内閣)までの約19年間である。(wikiより)

でもなぜこの時代はここまで成長期となったのは色んな理由があるのだろうと当然思うのだが、そこはあんま触れないようにしようかな~今のところは、そんな感じでフライデー・チャイナタウンの歌唱力って言うか迫力が半端ないって思ったってだけの話なのだが、そんな事より神武景気って言う三種の神器的な言い方があるけども、日本の高度経済成長のはじまりの1954年(昭和29年)12月から1957年(昭和32年)6月までに発生した好景気の通称のことである。(wikiより)

耐久消費財ブームで、冷蔵庫・洗濯機・白黒テレビ(TV)とあるがこの話前にもしたよなミニマリズムどうたら言ってたときに、んで今では如何にこれら冷蔵庫・洗濯機・白黒テレビ(TV)無くすか(使用しないか)が身軽な生き方の始まり的な感じで、一種のバレた系の要素はあることは間違いないのだと思う、消費や大量生産って言うのからその根幹であるカラクリがバレたのだから、そんな事は無意味でって感じで元パンイチが語った次第である、これ最初は昨日投稿しようと思ったが、寝落ちしてしまったでは。