おぴお

限界突破で更新します。

家を移動させるって感覚なの?

始めに、移動式座敷屋敷と言うワイの思想はひとまず置いおこう、その前に移動式ってどのような概念なのかを軽く触れていきたいと思う…

んでこの、ドゥ画の内容から自分の部屋をさ~自由にもっていけまっせ的な感じなの?

お隣さんとのトラブル時など時、便利だろうねその上、引っ越し屋無くなっちまうのかな〜これって思った、だってクレーンで持ち上げたりして移動出来るのしトラックで新しい土地まで運ぶだけで良いんだろ、まぁそもそも引っ越し屋を呼ばなきゃいけない時点で物が多いのかも知れない…って考えてしまう、これは自分にも言えるのだが鞄1つで移動出来るのでるフットワークの軽さみたいなものがあってミニマリズムかもな〜なんて思うが、この考えも極端なのかも?なんて自分でも模索しているのが現状だ…価値観が変動は当たり前の事だが、揺らぐことがなく断定的な事もある、そんな中からこれはと思うものを決めていけたら良いかな〜なんて思ってるよ、ところでこのぐらいのコンテナハウスぐらい大きさがあればもう十分だと思うんだがワイはよくさ、デカイ家で掃除時間に大半を費やしてるのを動画などで見るけど、あれは手に余る土地って事だろ

でも正直これでもスペース多いよって思うかもね、この大きさだと20ftコンテナぐらいはあるだろうが、日本って文化は元々、ミニマリズムの究極系に近い感覚で生活してきたんじゃないか?なんて思うのだが…どうだろうか?

また、江戸時代の建物の機能まで非常に魅力的な内容である、確か土間作るかたにしても天然コンクリートを作るのに、貝殻と海水(ニガリ)を使用してタタキを作るだとか、障子は空気清浄機の役割をしていたとか、何より日本人には切っても切り離せない物と言ったら、お米であるそのお米の藁を土壁などに塗り込み、耐久性と断熱材の役割をしている、何より藁は昔防寒用アウターって感じだよね、お米をフルに使っていて素晴らしい文化だと思う…現在では基本の建築はほとんど残されていないだろうけれど、昔の様式を、忠実に再現すればってなんとか現実に昔の技術で建てれる感じでしたね、そして水道などのライフラインに一体どれくらいの消費するのかななどの、実際は電気を代だって払わなくても良いぐらいで、電気代金もソーラーパネルとかで、十分な電気力を賄えるのだと思う。まぁそんな感じでだ、眠くなってきたな本当に、眠い…

まぁ今日こんな感じでら、そろそろ限界突破ですんで、寝ます。それでは、また〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

毎度のことながら昨日かなり眠くて誤字ってたんで編集しました。失礼