おぴお

限界突破で更新します。

森高千里が歌うロックンオムレツのサンリオバージョンじゃん

リクエスト ロックンオムレツ一人前。小鉢とセットで。

こちら頂いたので、お答えしたいと思います。

これさ~そういえば、ポンキッキーズでもあったよね、一体どう言うことなのか?これというのは、森高千里のロックンオムレツ自体がオッケーしているのか?何かこう昔だから、その辺結構ザックリしてたのかな〜なんて思いますよ、その辺はあんまり探らないって言うか、分からんね、楽曲提供って言うのは一体どの様なものなのか?……謎だ。

でも、ポンキッキーズのロックンオムレツの方が知ってるって人の方が多いんではないだろうか?、俺も正直、当時ポンキッキーズでこのロックンオムレツを知った言っても過言ではない。

それでだ、今回サンリオのロックンオムレツをご紹介下さいまして、サンリオブログ構築にあたり多大なる貢献となるこのワードを提供をして下さり、感謝申し上げる次第でございます。

さて、今回はこの森高千里と言う有名な時期にワイも記事に書こうかな〜なんて思っていたワードでもあるんだが、丁度良くサンリオまで合わさっておられるではないですか?しかも今回サンリオキャラクターが初めから4名待ち構えた、歌の運びとなっております事をご覧頂けただろうか?この映像から読み取れる迎賓体制は、サンリオピューロランドで培った技術なではないだろうか?

森高千里と言ったら私がオバさんになってもだけど、これ1992年6月25日に森高千里が発表した16枚目のシングルとあるが今2018年で全く変わってないよな、良くTwitter荒木飛呂彦が変わってないって画像が出回ってるじぁんそれぐらい変わっていませんよね

森高千里「この街」TOUR 2019|ローソンチケットのチケット販売サイト「ローチケ」|チケット情報・販売・予約は ローチケ[ローソンチケット]

ここで本来なら動画を貼っていましたが、動画がバンされていたため、話をそのまま進めようと思う
 そしてさーこれ動画の冒頭でご確認頂けただると思うが、作詞 森高千里 作曲 伊秩弘将 うた KUKOとある、これは一体どう言うことなのか?聴く分には完全に森高千里なんだが、そんで別で検索してもロックンオムレツはさ作詞と歌詞森高千里とある、それでだKUKOで検索すると、ハーメルンとかドラゴンボールイカしたエナジーとかちょとまたまた広がってだって脱線してしまうパターンになるんで、ひとまず置いておこう、まだこの時点ではこのKUKOさんとロックンオムレツのKUKOさんは全くの別人という事もあり得るのだ、そして最初戻りロックンオムレツを再度聴いてみたのだが…これ完全森高千里な訳よ…まぁもっと調べれば出ては来ると思うが、これ誰か知ってる方いらっしゃいましたら、教えて頂けたら助かります。