おぴお

限界突破で更新します。

ヒューマンビートボックスとケチャ

はい、こんばんは

 

ワイの記事の書き方は内容書いて、最後タイトル決めるからね

タイトル先に入れるとすぐ脱線する訳よ、だからこのスタンスが主流です。

って言けど、タイトル書いてから書くパターン最近やってるからね

今日はねぇこの記事にインスピレーションを得てねぇ

www.cabin.tokyo

ワイがヒューマンビートボックスの底力を知った経過をお話し出来ればと思うよ

 

始めたはもう有名なヒカキンだよね、今では商品紹介をする人気YouTuberだけど皆さんご存知の通り、ヒューマンビートボックスだからね、しかも上手いしね

ワイが印象的なのはドンキーゴングのキングクルールの船 bgmのビートボックスやってたヤツが良かったな、何やねん?って思った人もいると思うので説明するとスーパーファミコンのゲームドンキーゴングのラスボスのbgmがこれよ

戦闘シーンごと貼っとくよ、別でbgm聴きたかったら自分で検索してくれ

 Donkey Kong Country Final Boss: King K. Rool - YouTube

んでヒカキンがこれのビートボックスやってたなぁ〜あれも印象的だったな

次にスゲーと思ったのがペンタトニックスだよね、かなり有名だよね〜いっ時YouTube画面に毎日のように出てきてた印象があったよ(ワイだけか?)にしても人間の声だけでこんだけ良い音楽が作れんだな〜なんて思った訳よ

なんか分かんね〜けど魂みたいなもん感じた訳よ

あれだよ、電子音も良いんだよ、言っとくけどこのドンキーゴングの音楽だってゲーム音源だからね、DTMのものを人間がまたビートボックスとして音にするってこの工程ってのはさぁー音楽の民族的な音に帰ったって事なのか?

民族音楽と言うかなんと言うか例えるならば、インドネシア、バリ島に伝わる舞踊劇、呪術的なあれね

ケチャとは楽器は用いないで、複数の人間の声を用いてあれだけの臨場感を出す一種独特の恐怖感すら覚える呪術的、儀式だ。

このケチャの持つ力は人間の声に魂が宿っているかの如く何か臨場感以上の独特のバイブレーションを放っていると感じるのは私だけだろうか?

よくスピリチュアリズムの心霊現象でエクトプラズムと言った現象があるが人間は魂を口から出すかこ如く何かを発することが可能だと私は考えている、それ故に、ヒューマンビートボックスなど人間が放つ肉声と言うのは何か神秘的音になりうる場合や呪術的な感じ、人間が感じた全ての感情の音になりうるのだと思っている…

 

そしてね、ケチャで思い出したんだけど

ジョー東bgm貼っていい?

ジョー東って言ったらハリケーンアッパーだよね、このゲームbgm完全にケチャだからね 

まぁその他にもヒューマンビートボックス貼っとくよ、ビートボックスでバトってるヤツがこれよワイが一番印象的なヤツね

Ball-Zee vs Skiller - Best 16 - 3rd Beatbox Battle World Championship - YouTube

Alem vs krNfx - Best 16 - 3rd Beatbox Battle World Championship - YouTube

んじぁまた