おぴお

限界突破で更新します。

生玉葱食べて腹下した。

2日ぐらい前だっけか?生玉葱食べた訳よ

 

最初はかつおのたたきで付け合せで下の方にスライスした生玉葱入ってるじゃん

それ食べた時点では良かったんだけど、スライスした生玉葱がきり過ぎて余ってた訳よ

 

だから、次の日に生玉葱をサラダ風にして食べた訳よ

 

そしたらさ~次の日の朝何か便秘気味で、それから3時間後ぐらいに凄い調子悪い訳よ

 

何か嫌だな~怖いな~腹痛いな~何て稲川淳二みたいになった訳よ

 

季節的にも、稲川淳二だしさ~そろそろ来たか?みたいなニュアンスで腹痛くなった訳

 

当然トイレに行き、事なきを得たんだけど

 

一体何食ったんだろうって考えながら、便所でtwitter見て似たような境遇に人がいた訳

 

そのtwitterの内容がラーメンてんこ盛りの生摩り下ろしニンニクを入れて食べたら

腹痛くなって救急車呼んでって話。

 

そんで、twitterのりぷ見たらの玉葱とかニンニクとかネギ系を食べると殺菌作用があるそうで、胃の壁が破壊され、腸内細菌が死滅したそうだ

 

これ俺も近い状態だなって悟ったね

 

そう言えば生玉葱とか食べると次の日口がニンニクの臭いするじゃん、あれってそれだけ効くよってことでしょ?

 

それだけ殺菌作用は食物界トップレベルって事だろ、実際そう書いてあったよ

 

じゃどうすればいいか、普通に火通せってことだった、揚げるなりしてね

 

加熱と言う人類が火を使うと言った重要性を軽視した結果で自業自得致すところだよね

 

と言う事で腸内細菌をもう一度回復するために味噌汁を飲もうと思ったのだが、今日暑かったので蕎麦と言うサッパリ系を頂きました。

 

やっぱ夏場はサッパリ系が一番良いかもな、食べた後もサッパリと過ごせるからね糖質ダイエットしてる訳じゃないんだけど、血糖値の上昇が少ないかなって体の感じで分かる訳よ

夏場なんか特に分かるよね、だってエアコン使って無いもん、今水タオルを肩にかけてパンイチで両手スマホで記事書いている訳よ

 

でもさ〜脳と腸内は繋がっているって言うよね、同じ体内のものだから当たり前なんだけれども、詰まりはお腹の調子が悪いと頭の回らないって事だろう、当然って言えばそれまでだ、だから毎日良いパフォーマンスをするには心身ともに健康でなくてはならないと言う、自己管理を改めて痛感しつつある、2018年夏でした。

最高気温35℃、体感アツアツの状態。

 

このブログを未来で見た日には一体どう思い感じているのだろうか?

俺の事だからどうって事は無いよなんて言うのだろうなぁ、それではまた明日