おぴお

限界突破で更新します。

寒い

寒いねブログのネタが見つからないよ

そんな感じだからお休み

 

2018.11.18 (日)

追記:今ね~色々なブログを見てたらこれに行き着いた訳よ

 やっぱり、ブログとyoutubeは鉄板なんだよね9年ちゃんとしたブログを書けばコンスタントに収益が見込めるようだね

ワイはね農耕は興味あるが農業のような業にする気はない。

業にするからダメなのだと思ってるよ

んで、上記のブログの中に動画があるのだが、学校はサラリーマン養成所って言っているがその通りで、なんでなの?って思うけどコレはそういう世の中なんだよ、そっちの方が都合がいいんだよね(これは自分で探ってくれ)

んでさ~この上記の動画見て思ったけど、面白いわけ、これ延びるな

でも現時点では1円も稼げていないようだ、だがそれを約1年ぐらい続けていれば大きく収益が発生するなど、かなり目標が見える内容だ。

 やはり桃栗三年柿八年といったように、一人前になるには3年、努力した人でも8年は掛かると言ったようだ、実際に食べられるまでように実がなるまではそれだけの時間が掛かることからこの言葉がうまれたのだと思うのだが、これはやっぱりブログ構築にも言えたことなのではないのだろうか?って思うのは当然のことだろうな

んでこの桃栗三年柿八年って言葉の紀元はどこにあるのか?

そいつは、江戸時代後期に作られたようだ、尾張いろはかるたのことわざにこの桃栗三年柿八年と言う言葉があるようだ、でも実際に果実というものはどれ位の月日と年月が掛かるのかしらべた。

地方によっていろいろなパターンがあるそうですよ。

・桃栗3年柿8年、柚子は9年でなり下がり、梨のバカめは18年
・桃栗3年柿8年、梅はすいすい13年、柚子は大馬鹿18年、
林檎ニコニコ25年、女房の不作は60年、亭主の不作は
これまた一生
・桃栗3年柿8年、柚子の大馬鹿18年、銀杏の気違い30年(ヤフー知恵袋より)

モモ栗3年柿8年、の続きは梨でしたっけ?17年でしたっけ? - ... - Yahoo!知恵袋

あと、みかんも成長してから木に果実がなるまで15年から30年かかるそうだ、当たり前のように食べていたがそれだけの苦労がかかっていたのだと考えて食せばよりいっそう美味さを感じられるんじゃないだろうかという姿勢でこれからは頂きたく思う

中でも銀杏ってそんなに時間がかかる植物だったんだな、銀杏って言うと茶碗蒸しに入っている豆のようなものって感覚しかないワイであるが、改めて事を知るとまた一味違う感覚で頂きたく思う。

銀杏で思い出したが、確か熊本城に銀杏の木を植えた加藤清正朝鮮出兵で餓えで苦しんだ時を教訓に後の熊本城にも銀杏の木を植えたそうな話なかったっけ?