三国志5 武将 夏侯惇

夏侯惇(かこうとん)

三国志5 武将 夏侯惇夏侯 惇(かこう とん、? - 延康元年4月25日(220年6月13日))

14歳の時、学問の師を侮辱した男を殺し、荒い気性を持つ人として知られるようになる。曹操が挙兵した時から、常にその副将として付き従った。

 

夏侯惇は韓浩や典韋など優れた人物を見出し、部下に迎えた。

 

呂布討伐に従軍したとき、左眼に流れ矢が当たる怪我を負った。

このことから、同族の夏侯淵と区別するために盲夏侯とあだ名された。

だが夏侯惇は嫌がり、鏡で自分の顔を見るたびに怒って、鏡を投げ捨てたという

(王沈の『魏書』)。

 

夏侯惇は軍の遠征中でも師を迎えて、熱心に授業を受けた。

性格は清潔で慎ましやかであり、余財が出るたびに人々へ分け施し、金に不足したときは官吏に借りるなどし、利殖に励むことはなかった(『夏侯惇伝』)。

 

220年正月、曹操が亡くなり曹丕が魏王を継ぐと3月に大将軍に任命されたが、延康元年(220年)の4月、曹操の後を追うかのように病に倒れ、この世を去った(「文帝紀」)。

 

小説『三国志演義』での夏侯惇は、軽率なところがあるものの武勇に秀でた猛将として描かれている。

例えば、董卓配下の徐栄を突き殺し、呂布配下の将軍である高順を一騎討ちで追い払い、関羽とも打ち合うといった活躍を見せている。

 

一般的に、夏侯惇というと隻眼の将軍といった印象があるが、この夏侯惇像を一層強くする挿話の舞台となるのは、その後の呂布との戦いである。

この戦いの最中、呂布の将を追撃する夏侯惇を陣中から確認した敵将曹性は、矢を放ち夏侯惇の左目を射抜く。

この時、夏侯惇は刺さった矢を眼球もろとも引き抜き、「親からもらった体を棄てられるか」(原文「父精母血不可棄也」)と叫びこれを喰らい、その後に左目を射抜いた曹性を、次の矢を番える暇もなく顔を突き刺し、討取るというものである。

wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 夏侯惇【火計・同討・伏兵・速攻・沈着・陣立】

陣形

【錐行の陣】

平地型の陣形機動性を重視した強襲用の陣形。素早く敵に接近することに向いている。弓攻撃力・弓防御力は最低なので射撃戦には向かない。研究で『強化騎兵』があれば攻撃力・防御力が更に上昇する。

強化騎兵 【無】

攻撃力・C 防御力・C 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・S 射程2

強化騎兵 【有】

攻撃力・A 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・S 射程2

 

【鶴翼の陣】(かくよく)

平地型唯一『一斉攻撃』が実行できる陣形。一斉攻撃は非常に強力なので城にこもった敵を複数の味方部隊で包囲したとき使える。弓の攻撃力は高いので射撃戦には有利。

関連兵器なし

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・A 弓防御力・D 機動力・C 射程2

 

【偃月の陣】(えんげつ)

平地型の陣形クリティカルヒット(攻撃力が2倍)発生確率が上がる陣形で、クリティカルヒットは武将の勇名な高いほど発生しやすく、勇名が高い武将にこの陣形を使わせると効果的。  

関連兵器はなし

攻撃力・B 防御力・B 弓攻撃力・C 弓防御力・C 機動力・D 射程2

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 夏侯惇武力【武】94 知力【知】70 魅力【魅】87 政治【政】81

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値45000・勇名8760